男の人

警備会社からガードマンを派遣してもらう真の意味とは

映像の流出を防ぐ

防犯カメラ

監視カメラを利用するときに注意したい問題があります。それは監視カメラのハッキングについての問題です。防犯のために設置していた監視カメラが、逆に個人情報の流出として世界中に垂れ流しになってしまうことは非常に恐ろしいことです。とあるサイトには流出した監視カメラの映像が見られるといいます。正確にはハッキングではないのですが、なぜそんなことが起こるのでしょうか。世界にあるさまざま監視カメラの映像を見ることができるサイトには、日本のコンビニなどの監視カメラの映像など、国内だけで6000件以上も登録されているといいます。監視カメラの映像データを見るだけではなく、それに付随する情報の特定も可能だというのです。場所などが地図上で簡単に確認できてしまうため、個人の特定なども場合によっては容易になるのです。この危険なサイトを管理する人は、ハッキングではないと主張します。管理人いわく、監視カメラのパスワードに問題があるようです。パスワードが初期設定になったままの監視カメラが登録されて、サイト上で見ることができるというのです。この話が真実ならば、本当に恐ろしい事態だといえます。ハッキングなどは企業とハッカーのイタチごっこが続くといわれています。メーカー側も対策を講じるでしょうが、まずは監視カメラを使用している人は、念のためパスワードが初期設定のままになっていないかを確認した方がよいでしょう。防犯対策には最適な監視カメラですが、使用する方も最善の注意を払って安全に使用するようにしたいものです。